いや、趣味なんですよwフィリピンパブほら…オジサン馬鹿だからw

フィリピンパブでの出来事とか、フィリピンパブの思い出とか 。何をいまさらフィリピンパブなんて…って人も多いでしょうが、 オジサン大好きなんですよw いや、だってさ…趣味なんだもんwフィリピンパブw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アンヘルス旅行記2  1日目…Pちゃんと再会

ホントはパシフィックブリーズに泊まりたかったんですけど、1、2日目は空室が
無かった為、前半2泊はワイルドオーキッド、後半3泊がパシフィックブリーズ
に宿泊する予定でした…ただパシフィックブリーズが閉鎖されていた為、5泊すべて
ワイルドオーキッドに泊まったんですけど…

ホテルにチェックインして、さっそくPちゃんに電話…

「ハローハニコ ホテルに着いたよ」
「ハニー…すぐ行く…30分待ってて…」

まぁ1時間はかかるんだろうな…とりあえずシャワーでも浴びて待つか…

シャワーを浴びて、歯を磨いてうがいをすると…ん? なんかね…臭いんですよ、
水が…さび臭いというか、鉄臭いというか…やっぱりパシフィックブリーズの方が良かったナ

シャワーを浴びてる時に携帯が鳴ってたんで、Pちゃんかな?と思ったら
ライカちゃんでした…裸のままかけ直すと

「ハニコ…ナニシテル?」
「あぁ…今シャワーしてた…」
「イマドコ?ダレ イッショ?」
「今ホテル…1人だけ…」
「ハニコ…ナンデ パンパンガ? コイビト イルノ?」
「ううん…恋人いないよ…遊びにおいでよ」
「ハニコ…アシタデ イイ?」
「うん、6日間いるから…いつでもいいよ」
「アシタ イク…」
「気をつけてね…じゃ明日…ラヴュー」
「ラヴュートゥー…ハニコ ホントニ ヒトリ?コイビト イナイノ?…」 

電話を切ると、すぐ部屋の電話が鳴ったので取るとフロントからでした。
Pちゃんが来たようなので、部屋に来るように伝えて、とりあえず、着替えました。

1ヶ月ぶりに会うPちゃん…ドアを開けると抱きついて…

「ハニー!アイタイ!アイタイ!」

えーと…日本語勉強したんだろうケド…なんか違うよ

「ハニコ…日本語上手くなったねwでも、ちょっと違う…“アイタカッタ”だよ」
「ナニ?…アイタコタ…アイタカタ…」
「まぁいいや…ハニー、アイタイ、アイタイ…」



Pちゃんが嬉しそうに話してたのは、5分いや…3分位かな…
何でお土産がない!とか、なんで電話しない!とかブツブツ文句言い出したので
2人で食事に行きました…いつものSMクラークへ…




スポンサーサイト
フィリピン | コメント:4 | トラックバック:0 |

アンヘルス旅行記2  出発

今回の旅行の日程は5泊6日…前回と同じです。前日に寝ないで酒飲んで出発
したのも、前回と同じです…

最寄り駅までフィリピンパブのスタッフに送ってもらい出発。

スカイライナーの車内で、ロッテちゃん、タエちゃんにメール、
成田空港からライカちゃんに電話…フィリピンはまだ8時ごろか…起きてるかな?

「ハロー、ハニコ…オジサンだけど、起きてる?」
「…ハニコ…ドウシタノ?…」
「今、成田空港にいるよ、これからフィリピンに行くよ」
「ホント?…ジョーク ジャナイノ?…」
「マニラに着いたら電話する…ラヴュー」
「ホント?ハニコ、ホントニ…」

今回もフィリピン航空PR431便での出発でした。

前回のアンヘルス旅行が7月の下旬だったんで約1ヶ月ぶりのフィリピン…
最近アレですね…マニラの空港でチップねだられないな…

ねもとトラベルで送迎とホテルの手配を頼んでいたので、ホテル代を払いにパサイの
ねもとレストランへ向かいました。車内からライカちゃんに電話…

「ハロー…ハニコ、マニラ着いたよ」
「ホントナノ?ハニコ…イマドコ?」
「今空港出たところ…これからパサイに行って、それからパンパンガに行く」
「エ?ナンデ パンパンガ?マニラ ジャナイノ?」
「パンパンガに来るんだったら電話チョーダイ…じゃ、またね…ラヴュー」
「エ…ハニコ!チョ チョット マッテ…」

ねもとレストランで支払いをすませ、ついでに両替も頼みました…そういえば
一度も、ねもとレストランで食事した事ないな…

アンヘルスへ向かう車内で、Pちゃんから電話がありました…

「ハロー ハニー 今どこ?フィリピンにいるの?」
「あ、ハニコ…うん、さっきマニラに着いた…今、車の中…」
「ハニー…なんで 電話しなかったの?…」
「はははw今、電話しようと思ってたんだよ…」
「ホテルはどこ?またパシフィックブリーズ?」
「ううん…今日はワイルドオーキッドだよ」
「じゃホテルついたら電話して」
「うん、分かった…じゃ後でね…ラヴュー…」
「ハニー…アイシテル…アイシテル」
「はははw日本語上手くなったね…愛してるよ」

*全文カタカナの時は日本語での会話、
 ひらがな漢字の表記は、英語もしくはタガログ語での会話です
 意訳…というか、オジサンの勘違いや、都合のいい妄想も多いですけど… 


フィリピン | コメント:4 | トラックバック:0 |

アンヘルス旅行記2  出発前の状況

マニラのガールフレンドには一週間に一度か二度電話をしてました。
9月にフィリピンに行く事は話してましたが、具体的な日程などは言いませんでした…

えーと…ズット機嫌悪かったから…彼女…まぁ分からなくもないですケド…

アンヘルスのPちゃん…8月に送金を断って以来、しばらく電話来なかったんですけど…w
9月になってからは、毎日4,5回電話が来ました…
ワン切りで…掛け直さなかったですけど…

ライカちゃんには、あの日から電話はしてませんでした…出発当日に
空港から電話すればいいや…と、思ってたし…別に会わなくてもいいや…とも
思ってたから…

タエちゃんとチューチューしてた日は、確か…アンヘルスに行く2,3日前だった
と思うんですけど…フィリピンに行く前日も、タエちゃんのオミセで飲んでました

「ハニー…アシタ フィリピン イクデショ?ドコ?」
「うん…パンパンガ…この前と同じ…」
「ナンデ パンパンガ イクノ?コイビト ト アウ スルノ?」
「いや…ほら…ビリヤードするんだよ…エフレン バタ とか有名ジャン…
        パンパンガだよね?エフレン バタ レイアス…」
「パンパンガ ノ ドコ イクノ?…アンヘルス?」
「…えーと…うん…」
「…タクサン アゴーゴー アルデショ?」
「…えーと…よく分かんないケド…」
「ハニー…ゴーゴー ノ オンナノコ アブナイヨ…キタナイヨ…ビョウキ ナルヨ…」

まぁ…前回、尿道炎になってますからね…でも凄い言い方するな…

「ハニー…パロパロ シナイデネ…マジメ シナサイ!」
「はははwいつもマジメじゃん…オレ」
「…カエッテキタラ デート スル…ダカラ チガウ オンナト セックス シナイデ…」

えーと…どう意味かな?…ってそう意味なんだろうケド…仕事うまいからな…
タエちゃん…あまり考えない方がいいな…

「ハニー…マイニチ デンワ チョーダイ…ラヴュー…」
「うん、毎日3回電話するよ、ラヴュトゥー…」


そして、ロッテちゃん…ボーイフレンドと同棲中なのでいつでも会えるわけじゃ無いんですケド、
昼間、ボーイフレンドが出かけてるときにデートしたり、彼女の仕事が終わった後
食事に行ったり、もちろん彼女のオミセにもよく飲みに行ってました。
8月の終わり頃…彼女の母親にも紹介されました…

大丈夫なのかな?こんなオッサン紹介して…w

フィリピンに行く前日、オジサンの仕事が終わった頃、彼女から電話があり…

「オジサン…アエル?オミセ クルノ?…」
「まだ準備終わってないから…準備できたら電話する…」

1時間後、彼女と同じお店で働く友達からも電話…
「オジサン!ハヤクキテ…カノジョ スゴク ヨッパラッテル カラ…」
「ゴメンな…まだ準備終わってないんだよ…ちょっと面倒みてて…」

旅行の準備を終えて、ロッテちゃんのオミセに入ったのは、閉店30分前…
その時、ここ2,3日の彼女の状況を聞きました

オジサンがフィリピンに行く2、3日前は、なぜ昼間出かけてる…、なぜ帰りが遅い…
とボーイフレンドに言われ喧嘩になり、仕事にもいけない状況だったようで…
ボーイフレンドは元々夜の仕事に猛反対だったそうですから…

「ズット アイタカッタ…デンワ シタカッタ…ゴメンナサイ…」
「…ゴメンって言わなくていいよ…しょうがないよ…」
「モウ…ボーイフレンド ト ワカレタイ…オジサン ト コイビト ナリタイ…」
「…まだ別れられないの?…」
「モウスコシ モウチョット ダケ…マッテテ…アイシテル…」
「うん…待ってるよ…愛してるから…」

フィリピンの電話番号と、PCのメールアドレスをロッテちゃんに渡し

「オレから電話するとまた喧嘩になるでしょ?時間あるとき電話して…」
「…ゴメンナサイ」
「ゴメンって言わないで…メールはPCのアドレスにメールして」
「マイニチ メール スル…」
「オレも毎日メールする…じゃ行ってくるよ…」
「オジサン…キオツケテ……ラヴュー…アイシテル…」


“じゃ行ってくるよ”って言ってどこへ行ったかって…まぁ
タエちゃんのオミセ“スターオブライト”で朝まで飲んでたワケですけど…





フィリピン | コメント:8 | トラックバック:0 |

元タレント ライカちゃん

「ハニコ…アイタイ… イツ フィリピン キマスカ?」

いつフィリピンに行くかって聞かれたら、まぁ…2日後のフィリピン行きのEチケットを
持ってるワケですけど…

「そうだね…会いたいな…じゃあさ、PALに電話してチケット買うから、2日待ってて…」

彼女がタレントとして働いてる時、よく言ってたんですよ…

“会いたい時はいつでも電話して…30分で来るから…”
“フィリピン帰っても、会いたくなったら電話して…2日待ってくれれば会いに行くから…”

まぁ、誰にでも言ってるんですけど…

「ハハハw ホントニ クルノ?」
「まだ分かんない…チケット取れたらね…」

…もうチケット取ってあるけどね…

「じゃあチケット取れたら、成田空港から電話するよ」
「ハハハw マッテマス」

1年以上連絡の無かった昔のコイビトから、フィリピンに行く2日前に電話、
まぁ偶然って言えば偶然なんでしょうけど…ちょっと運命感じちゃったりして…



フィリピンパブ | コメント:8 | トラックバック:0 |

夏の思い出…元タレント

7月の下旬に初めてアンヘルスへ行きました。

そして9月4日にまたアンヘルスに行ったんですけど、初めてのアンヘルス旅行から
2度目のアンヘルス旅行の間にどんな事があったのか…そんな事をここ何日か
書いていたわけですけど、もう一つありました…大事な出来事が

アンヘルスへ行く2日前だったから、9月2日ですね…電話があったんです
フィリピンから…えーと、ワン切りで

マニラのガールフレンドの番号じゃないし…Pちゃんの番号じゃないし…
まぁムコウの人ってよく電話番号換えるから、誰かわかんないけど、
とりあえず電話してみました。

「ハロー…オジサンですけど…誰?」
「ハニコー!ヒサシブリ ゲンキ デスカ?…」
「あ!久しぶり!元気だよ、いつも元気!…えーと…どのハニコ?誰?」
「ハニー……ツメタイ… ○○○デス オボエテル?」

あー…久しぶりだな…


2年位前なんですけど…“あそこのフィリピンパブ、まだタレントいるらしいよ…”
そんな噂を聞いて、ある郊外のフィリピンパブに行きました。

イミテーションなのか、本物なのか、フライングブッキングなのか…
よくわかんないけど、タレントっぽいコが何人かいました。

そのタレントの1人と仲良くなって、デートしたり食事したり…同伴したり
してたんですけど、別宅に行った時に

「…アコ…バージン…」

って言われたんですよ…まぁそんな事どうでもいいんで

「あ…オレも 初めてなんだ…優しくしてね」

なんて言いながら、そのままやろうとしたんですけど…

コワイ…コワイ…ハニコ…コワイヨ…って泣きながら震えてるコにチンポ
挿すなんて事、出来るわけないないモン…

まぁおかげで、オジサン未だにチェリーボーイなワケですが…w

その後、他のコと同棲しちゃったんで、サヨナラパーティーにも
行かなかったんですけど、フィリピンから何回か電話がありました…

まぁ最近は全然連絡無かったんですけど…

Like a virgin …ライク ア ヴァージン … ライカ ヴァージン…つーことで
ライカちゃん…w

「あ!ライカか…久しぶり…覚えてるよ…忘れるわけ無いジャン…」

まぁね…すっかり忘れてたわけですケド…w




フィリピン | コメント:2 | トラックバック:0 |

仕事上手な…人達

まぁ…その日はチョット飲み過ぎてたんですけど、フィリピンレストランに行ってから
テキーラも飲んじゃったんで、もう…ベロベロでグダグダ…でエロエロ…w
タエちゃんとチューチューしてるとオバPが絡んできます…

「マータ キス シテルナ フタリ!!…オジサン アコ モ…」
「はははw…アテ、今日はイツモよりセクシーだね…w ハイ チュッ!」

ちがうオバPも
「オジサン!アコモ!アコモ!」
「アテ…前からタイプだったよ…チュッ…」
「…ホント?」
「嘘だよ…はははw」
「ウソツキーッ! チュー…レロレロ…」
「ングッ ひょっひょみゃっぺ(チョット待って!) …アテ!ベロ入れんなよ!」


みんな凄く酔っ払ってたんで…
ピノイ君ともキスしちゃった…はははwピノイ君の嫁Pとキスしようとしたら

「オジサン!ソレワ ダメーッ!アサワ ワ ヤメテ!」…だってサ…w

「ハニー!ナンデ ミンナト チュー シテル!」
「あぁ…タエちゃん…ん?キス?誰が?誰と?」
「イマ ミンナト キス シタ デショ!」
「え…オレ?してないよ…ねーピノイ君!オレ、キスなんてしてないよね?」

「エ?キス?シテナイ…シテナイヨ オジサン マジメ ダカラ…ハハハw」

流石トモダチ!ピノイ君もいい仕事するな…



飲んでる時は楽しいんですけど…次の日がキツイですよ…いろんな意味で…

夕方タエちゃんに電話…

「……あ、もしもしオジサンだけど…昨日ゴメンね…」
「…ナンデ ゴメン ッテ イウノ?…」
「…えーと…ほら、凄く酔っ払ってたからさ…」
「ヨッパライ ダカラ キス シタノ?…」
「…い、いや…ほら…あのさ…」
「ワタシ…イツモ アンナコト シナイヨ…オキャクサント キス シナイヨ…」
「いや…オレもイツモじゃないよ…ほらタエちゃんとはキスしたかったから…」
「ナンデ?…ナンデ キス シタイノ?…」
「えっ…いや、ほらタエちゃん可愛いし…」
「ソレダケ?」
「いや…ほら…好きだから…」

あーもう!また嘘ついちゃったよ!!

「ハニー!モウ ホカノ オンナト キス シナイデ!」
「ハイ…わかりました…」
「アト…オトコ トモ キス シナイデ!」
「はははwもうしないよ」
「ハニー…キョウ オミセ クル?」
「あ…うん…行くよ…」
「チャント シメイ シテ!」
「…ハイ…わかりました…」

えーと…いつもフリーで飲んでます…たまに…指名します…
死んだ婆ァちゃんと同じ名前のコとか…仕事上手なコに弱いんです…


フィリピンパブ | コメント:6 | トラックバック:0 |

仕事上手な…タエちゃん

「ピノイ君、先に行ってるから…アソコのレストランでしょ?…行こ!、タエちゃん」

着替えてるオバP連中を待たずに、タエちゃんと2人で先に店を出ました…手ぇつないでw

歩いて5分のフィリピンレストランに入り、2人で乾杯…

「乾杯!…あんまり話したことないよね?…」
「ウン…1カイダケ…」
「ほら、タエちゃんいつもお客さんいるから…指名しないとつかないジャン…でも覚えてるよ」
「ナマエ ワスレテタ クセニ!」
「いや…多分あの時名前聞いてなかったんだよ…」
「ウソツキ…w」
「はははwあとさ…電話番号も教えて」

電話番号を教えてもらい、名前を入力する時に

「あ…タエちゃん、タエってオミセの名前でしょ?ホントの名前は?」
「xxxxxxxデス ナンデ?」
「そっちの名前で登録する…ハイ」

   HONEY KO
   090XXXXXXX

「ハハハw シゴト ウマイナ…ジャ ワタシモ…」

    MAHAL KO
   080XXXXXXXX ←オジサンの電話番号

「はははwタエちゃんも仕事上手いな…毎日電話する…チュッ!」
ってキスしたら…

「オジサン…マイニチ 3カイ デンワ チョーダイ…チュッ、チュッ、チュッ!」


ホント仕事上手いな…タエちゃん…

そのまま2人でチューチューしてると、ピノイ君たちが来ました…

「アーーッ! ナニシテル!フタリ!!」

何って…キスしてんだよ…w


フィリピンパブ | コメント:4 | トラックバック:0 |

夏の思い出…タエちゃん

いつも大体フリーで飲んでますけど、たまに指名します…
顔を見ないで指名…ってのはあまりしないですけど、よくやるのが
名前で指名…これはホント多いな…

「ハジメマシテ…タエ デス」
「はじめまして、オジサンです…えーと指名していいかな?」
「エ…ナンデ?」
「いや…タイプだから、はははw」

死んだ婆ァちゃんと同じ名前だから…とは言わないけど…w
いや婆ァちゃんの名前“たえ”じゃないですけど、
ルビーとかジェニーとかじゃなくて、日本人の名前を源氏名にしてるコいるじゃないですか
死んだ婆ァちゃんと同じ名前のコって指名しちゃうんですよね…ナンデだろ?


ロッテちゃんのオミセの近所にあるフィリピンパブ、“スターオブライト”…
結構遅い時間までやってるんで、よく行くんですけど…

友達のピノイ君とピノイ君の嫁ピーナと一緒に飲みに行ったんですけど、
その日ピノイ君が上機嫌で閉店間際に…

「オジサン…モウ1ケン イコウヨ ゴチソウ スルカラ…」

もう一軒って言っても…もうやってるオミセ無いよな…もう明るし…朝だよ…

オジサンと仲の良い、ピノイ君の嫁ピーナも

「オジサン、モウスコシ ノモーヨ!トモダチ ツレテク カラ Pレストラン イコウヨ!」

嫁ピーナの友達か…みんなオバちゃんじゃん…まぁいいか…オゴリだし…w
ピノイ君とオミセの片づけを手伝いながら、皆が着替えるのを待ってると

「クヤー…ドコ イクノ?」
「あ…近所のフィリピンレストラン…」
「ワタシモ イッショ イイデスカ?」
「え…うん行こうよ、一緒に行こ!…えーと、名前なんだっけ?」
「タエ デス…ナンデ ナマエ オボエテナイ…ツメタイナ…」

っつー事で、20歳のタエちゃんも一緒にフィリピンレストランへ行く事になりました…


いや、全然関係無いんですケド…ねもとレストランの“タイ子ママ”って
ホントは“タエコ”って名前なのかな?…と思ってます。

フィリピンで“タエコ”って名前じゃね…
今度聞いてみようかな…いや聞けない聞けない…w


フィリピンパブ | コメント:2 | トラックバック:0 |

お口の恋人…ロッテちゃん

フィリピンから帰国した翌日、さっそくお土産を渡しに彼女のオミセに行きました。

何を話したかはもう覚えてないけど…お店出るとき彼女にキスしたんだけど、
彼女の方から積極的に舌を入れてきたのは覚えてます…

アレでね…ズッキューーーーン!と来ちゃった訳ですよ…ホントに惚れっぽいな…オレ

「アシタ イッショニ ゴハン タベタイ…」

勿論OKして翌日初めてのデート…食事だけ
同伴しようか?と、聞いても“ダイジョーブ…”
後から聞いたんですけど、同伴って意味が分からなかったみたいです。

その後、何度か彼女のお店に行ったり、昼間デートしたりしてたんですけど、
ある日、彼女をデートに誘うと…

「アナタノ バハイ イキタイ…」

って言うんで、オジサンの別宅に行きました…あのホラ…ジャクゥジがあって
大きなベッドがある別宅ですよ…サービスタイムはチョットお得な…w

キスをして服を脱がせて、ブラジャーをはずして、さていよいよ…パンティー
を脱がせようとすると…

「ゴメン…キョウ…セイリ…アル…」

まぁ…生理なんて気にしないですから、
そのまま続けようとしたんだけど…

「ゴメンネ…オジサン…チョット マッテ…」
「ん?…どうした?」
「ワタシノコト…アイシテル?」
「うん…愛してるよ…ホントに愛してる…」

いや、ホントに愛してますよ…うーん…愛してる、愛してる…w

「ワタシモ アイシテル…デモ…ゴメンナサイ」
「どうした?」
「コイビトイル…」
「ふーん…そう…でも愛してるよ…」

まぁ、あんまりそういうの気にしないんで、そのまま続けようとしたんだけど…

「チョ チョット マッテ…」
「ん?…どうしたの?大丈夫だよ、愛してるから…えーと、結婚してるの?」
「ケッコンワ シテナイ…デモ…イッショニ スンデル…」
「まぁ…しょーがないよね…オレの事好き?」
「…アイシテル…ホントニ アイシテル…」
「オレも…ホントに愛してるよ…」
「…イマ ドウシタライイカ…ホントニ ワカラナイ…ドウシタラ イイ?…」
「うーん…今日生理だしね…とりあえずさ…口で…してくれる?」

ドウシタライイ?ってそういう意味で聞いたんじゃないんでしょうけど…
とりあえずしてもらいました、口で…

「あのさ…オレ…待ってた方がいいの?ギブアップした方がいいの?」
「モウスコシ…モウスコシダケ…マッテテ…」
「うん…別にさ…恋人の事、言わなくても良かったのに…」
「…アナタニ シークレット イヤダッタカラ…」
「そう…分かった、待ってるよ…愛してるから…」
「アリガトウ…ラヴュトゥー…」



あれから約1ヶ月、まぁだ待ってるんですけどね…はははw


フィリピンパブ | コメント:6 | トラックバック:0 |

夏の思い出…ロッテちゃん

久しぶりに“フィリピンパブ“での出来事を…まぁチョット前の話ですが…

7月に行った初めてのアンヘルス旅行から9月のアンヘルス旅行の間に
どんな事があったのか…いや、たいした事は無いんですケド…

えーと…毎日のようにフィリピンパブに行くんですけど…ほら、趣味だからw
あんまり指名しないんですよね…大体いつもフリーで飲んでます。

ホステスからは、ポイントつかない、売り上げにならない、嫌な客なんでしょうけど…
まぁマメに店に通ってるんで、スタッフとは顔見知りになるわけで…

初めてのアンヘルス旅行へ行く1週間ほど前の話なんですけど…
知り合いのフィリピン人スタッフに

「クヤ、アタラシイコ ハイッタヨ 1ジカンダケ ドウデスカ?」
「新しいコ?…コ? 若いの?何歳?」
「クヤ…ナイショネ…19サイ…シメイ スル?」
「なんで顔も見ネェで指名すんだよ!…まぁいいや、じゃ指名で!」
「ハハハwイラッシャイマセ…クヤ アイカワラズ…」
「はははw相変わらず…何?」
「アイカワラズ…バカ ダネ…ハハハw」
「はははwそうだね」

顔も見ないで指名したわけですが…まぁ可愛かったですよw
2時間ほど一緒に飲んで、電話番号、メールアドレスを交換してオミセを
出たんですが…全然電話もメールも来ない…

オジサンも電話やメール自分からあまりしないんで、お互い連絡は無し…
そのオミセにも、それから行ってなかったんで忘れかけてたんだけど、
アンヘルスに行く前日かな?メールが着たんですよ…

“いつフィリピンいくの?まだ にほん いる?”

“明日から行きます。お土産買ってくるよ。またね”って返事したら

“なにもいらない きおつけて ください また おみせ きますか?”

…で、そのコに電話したんです

「ハロー…オジサンだけど…1週間で帰ってくるから、帰ってきたらまたオミセ行くよ」
「ハイ…キオツケテ…アノ…アノ」
「ん?何?どうしたの?」
「オミヤゲ…Tシャツ ガ イイデス サイズワ M デ…」

…“なにも いらない”ってメールはなんだったんだろ?


フィリピンパブ | コメント:6 | トラックバック:0 |

マニラのガールフレンド 2

母親と同じ店オミセでホステスとして働くようになったんで、たまに飲みに行って
指名してたんですけど、まぁ…その頃付き合ってるコもいたし、別に口説くつもりは
なかったんですけど…

母親は、オジサンとムスメが気になるようで、チラチラ見てるんですよ…いつも。
チョット母親をからかって、ムスメとイチャイチャしてると、カラアゲが飛んできたり
ソーセージが飛んできたり…w

「今度デートしようか?」なんて母親にわざと聞こえるように誘うと
オシボリ投げられたりして…

「はい…あーーん…」
って口移しでフライドポテト食べさせようとした時は、フォークが飛んできたっけ…

まぁ恋愛感情がないから楽しかったわけで…

昔の恋人とオジサンとそのコ、3人で食事や遊びに行った時の事を思い出して
話してる時にボソッと…

「ホントワ ズット ヤキモチ シテタ…」
「はぁ?」
「アノトキモ ズット スキダッタ…」
「おいおい…ほんと?」
「ホント!…ママモ シッテル…」
「ママと何話してんだよ…ママなんだって?」
「アナタワ ゼッタイ ヤメナサイ!ゼッタイ ダメ ッテ イッテタ…」
「…オレもそう思う…」
「アテ(昔の恋人)ト モウ セパレート シタ デショ?」
「…うん」 
「コイビト ナリタイ…」



まぁ…こんな感じでコイビトになったわけですが…ホントはもっといろんな事があったけど
その話しはまた別の機会に…

彼女の誕生日…5月だったんですけど、えーとデブー…でしたっけ?フィリピンの
成人式みたいなヤツ…女のコは18歳の誕生日にやるパーティー…

アレに呼ばれたんですけど…彼女の母親に電話すると

「…コナクテ イイ!アナタ クルナラ パーティー シナイ!」

…ショボーン

まぁね…日頃の行いが悪いから…自業自得…なんですけどね…

でも彼女に“オメェの母親が来るな!って言うから行かねぇよ!!”
とは言えないしね…“はははwまだわかんない”笑ってごまかしたんですけど…

“アンヘルス旅行記”には書かなかったんですけど、母親にも電話したんですよ
彼女に会っていい?マニラに行っていい?って…

「ダメ!ゼッタイ ダメ!…モウ ムスメニ アワナイデ…モウ ヤメテ…」
って泣きながら言われちゃった…

まぁね…彼女若いし、可愛いし…すぐ新しい恋人出来るだろうし…もういたりしてw

「オジサン…ゴメンネ…アタラシイ コイビト デキタ…ゴメンネ…」

って言われるまでは、たまに電話するだけで…もう会わないほうがいいよな…

と思ってるわけです…ショボーン


フィリピン | コメント:6 | トラックバック:0 |

マニラのガールフレンド

いや、ヤッパリね…苦手なんですよ、恋人とかガールフレンドの事を書くの…
なんか照れくさいというか…恥ずかしいというか…

9月の旅行の時も会ってないんで…もう4ヶ月くらい会ってないな…

えーとね…彼女のお母さんから“モウ ムスメ ト アワナイデ!!”
って言われてるんです…ショボーン…

数年前、知り合いに誘われてマニラに遊びに行ったんですけど、
その時に“夜のガイド”をしてくれたのが、彼女のお母さんだったんです。

その後、娘を連れて来日して都内某所のフィリピンパブで働いてたんで
マニラで世話になったお礼もかねて何度か飲みに行きました。

えーと…お母さんと“そういう関係”になっちゃった…いや嘘ですw
お母さんのオミセで働くコと恋人になっちゃった。

“オジサンの彼女”は当時まだ10代なかばだったんで、ホステスの仕事は
してなかったんですけど、たまにオミセに遊びに来てました。

その頃も“ウチノ ムスメニ テェダスナヨ”って言われたけど
恋人もいたし…まだ子供だったからね、彼女…

その頃付き合ってた恋人とも友達になったようで、オジサンとその頃の恋人、まだ子供
だった今の彼女と3人で食事に行ったり、遊びに行ったりしてました。

冗談で“大人になったら恋人になろうよ”と言って当時の恋人に殴られたこともあったな…

ホントに恋人になるとは思わなかったけど…

“オジサンの彼女”は昔の恋人の友達で、昔の知り合いの娘なんです…

今年になって、彼女と彼女のお母さんが来日して働いてたんで、たまに
飲みにいってました。数年ぶりに会った彼女は綺麗になっててビックリしたけど
まだ子供…と思ってたんですけどね…



フィリピン | コメント:6 | トラックバック:0 |

アンヘルス旅行記 あとがき

7月28日にフィリピンから帰国して、29日に3ヶ月ぶりにブログを更新、
約2ヶ月かけて、やっとアンヘルス旅行記が書き終わりました。

帰国後1週間位かな?…Pちゃんから毎日5回位電話がありました…ワン切りでw

2週間後、なんかチンコがムズ痒いんで病院に行ってきました…
性病ではなく、ただの尿道炎だったんですけど…

3週間後Pちゃんから着信あり(まぁ、もちろんワン切りで…)1週間ほど
風邪で仕事を休んでたらしく(ホントかどうかわかんないけどw)送金依頼の
電話でした…w もちろん送金なんてしなかったけど。


9月のアンヘルス旅行でもPちゃんと会いましたけど…

9月に行ったアンヘルス旅行の旅行記を書く前に、8月の思い出や
マニラのガールフレンドの事など、少し書いておきたい事があるんで
それが終わってから、9月のアンヘルス旅行記を書こうかな…
なんて思ってます。

今年中に書き終わるのかな?


フィリピン | コメント:2 | トラックバック:0 |

アンヘルス旅行記 最終日

成田空港行きPR432便、出発時間は14:30…えーと2時間前にチェックインするから
ニノイアキノ空港には…12:30に着けばいいよな…

ねもとトラベルのスタッフに“3時間前にはアンヘルスを出発した方がいいですよ”
とアドバイスして頂いたので、9:30にホテルに迎えに来てもらうよう手配しました。

…朝起きたらとりあえずセックスして…荷物を片付けて…8時に起きたら間に合うかな…
と携帯のアラームをセットしてたんですが…

寝坊しました…てへw  いや30分くらいなんですけどね

目が覚めて時計を見ると、8:45…えーとセックスする時間はないよな…
とりあえずPちゃんを起します

「ハニー…おはよ、おきろよ…チュッ」
「チッ!!」

↑いやチュッ…じゃなくてね、チッ!!って舌打ちされちゃったよ
もうね…相手する気もないんで、そのまま荷物を片付けました。

荷物が片付いてきたのでシャワーを浴びてベッドを見ると…まだ寝てるよ
もうこのまま置いてっちゃおうかな…

時計を見ると9:30過ぎてるし…おい!もうおきろよ!と少し乱暴に体を揺すると

「…あ…おはよう…ハニー…シャワーしてくる…」

そんな時間無いって!って言っても聞かないよな…
結局部屋を出たのが10時過ぎ…チェックアウトの手続きが終わったのが
10:30位…すでに予定より1時間遅れてます。

チェックアウトの手続き中にPちゃんのお兄さんを紹介されました…

「ハニー…私のクヤ…似てるでしょ?」

いや、全然似てないけどね…オジサンがニコって笑って挨拶しても
目をそらして暗い顔してる、Pちゃんと全然似てないポギーで無口なクヤw

まぁホントのお兄さんでも、ヒモのボーイフレンドでもどっちでもいいんだけどね…
でもヒモの方が面白いよなw
何もしないでグースカ寝てるだけのPちゃんにイラッとしてたけど、ポギーなクヤ見てたら
なんか燃えてきちゃった…w

車の中でポギーなクヤに見せ付けるようにブチュブチュキスして…

「ハニー…クヤ見てるから…恥ずかしい…」
「いいんだよ…ハニコ…愛してるから…w」 …また嘘ついちゃった…てへw

ポギーなクヤもイラッとしてるんだろうけど…もっと機嫌悪そうなのは、ねもとトラベル
のドライバー…いや、1時間待たせてましたから…

結構飛ばして高速道路を走ってるんだけど、チラチラ腕時計みてブツブツ言ってました
よそ見しないで運転しろよ!…とは言えないしねぇ…

高速道路は混んでなかったんだけど、マニラ市内で渋滞にハマり車が動きません…
ポギーなクヤは一言も喋んないし、ドライバーはイライラしてる感じで携帯でメール
してるし…Pちゃんはオジサンの足を枕にして寝てました
寝てる

時計を見ると12時過ぎてるジャン…12:30には間に合わないだろうな…

メールを打ってたドライバーが“オマエの飛行機コレだろ?”って感じで
携帯のディスプレーを見せてきました…

PR432 14:30


12:30には空港着かないよね?と聞くと、1時間前に空港に着けば飛行機に
乗れるよ…多分ね…

だって…結構ギリギリなんだろな…まぁ飛行機に間に合わなければ、マニラで
1泊して明日帰ればいいや…ドコでナニしようかな…とニヤニヤしてると
Pちゃんが起きて

「ハニー…まだ空港着かないの?」

もうズット寝てればいいのに…どうせ役にタタネェんだからさ…
まぁ結局1時くらいに空港に到着して、飛行機に乗り遅れる事はありませんでした。

空港の入り口でPちゃんとキスをしてお別れ…いろいろありがとう、と1万円札を
1枚渡すと

「ハニー…あと1000ペソ頂戴…」

オマエここは、気をつけてねとか、愛してるとか、私のこと忘れないで…
とかじゃねぇのかよ!!…まぁいいやw1000ペソ渡して、ポギーなクヤに
見せ付けるようにディープキス…ホントのクヤだったらどうしよう…まぁいいやw

チェックインをすませ、飛行機の待ち時間にマニラのガールフレンドに電話しました…

「ハローハニコ…いま、マニラにいるよ…」
「ハニー…イマドコ?…クルノ?…アエルノ?」
「えーとね…エアポート…もう日本に帰るよ…成田空港に着いたら電話する…ラビュー」
「チョ、チョット!マッテ!オイ!!ハニ…」

プープープー…飛行機に乗る時は電子機器の電源を切らないとね…w

っつう事であっという間の5泊6日の旅でした…ブログに書くと長いけど…w

フィリピン | コメント:4 | トラックバック:0 |

アンヘルス旅行記 5日目 最後の夜…

ホテルに戻り、Pちゃんと一緒にジャクゥジで混浴…最後の夜って
しんみりするよね…

「ハニー…日本に帰ったら私のこと…忘れちゃうでしょ…」
「そんな事無いよ…毎日電話するからサ…」
「1日3回電話して…」
「えー…3回も?」
「ハニー!!」
「はははw怒るなよ…ジョークだよ、毎日3回電話するよ」
「朝起きた時…仕事終わった時と、寝る前に電話して…」
「ん?ハニコ仕事してる時に電話できるの?」
「もう…仕事辞める…」

おいおいおいおいおいおい!なんかヤバイ流れになってるような…

「は?なんで辞めるの?仕事…お金は?仕事辞めて大丈夫?」
「…友達の恋人も、日本人だけど…彼が毎月お金を…」
「ちょ…ちょっと待って!あのさ…ハニコ…ヤダ!嫌だ!お金送らないよ…」
「…………ハニー…いいの?私バーガールの仕事続けて…」
「うん、しょうがないジャン、仕事頑張れヨ」
「お客さんにバーファインされて…セックスしてもいいの?ヤキモチしないの?」
「うん、しょうがないジャン…でもさ、コンドームしろよ…ヤキモチは…我慢する」

ヤキモチなんて焼くわけないジャン

「ハニー…お客さんとセックスはしない…バーファインされても断る…」

いや別にいいんだけどね…気にしないし…ホントは恋人じゃないし…w
お金送ったってどうせ仕事続けるんだろうし…

もうね…セックスする気なんて無くなっちゃったヨ…

「ハニコ…もう寝るか…」
「ハニー…セックスしないの?」
「あぁ…明日でいいよ…明日の朝やろうぜ」

ベッドに行ってからも、“大学行きたい、勉強したい”とか“結婚したい”とか
“子供が欲しい…双子がいい”とかブツブツ言ってたけど…
“ああ、そうだね”“ラヴュー”とかテキトーに返事して聞き流しちゃった…てへw

「ハニー…明日空港に行く時、クヤも一緒でいい?」
「うん…別にいいよ…お兄さんいるんだ?」
「うん…一緒に住んでる…マニラから1人で帰ると寂しいから…」
「ああ…そうだね…大丈夫だよクヤも一緒で…おやすみ」
「おやすみ…ラビュー」
「ラビュトゥーー…」


フィリピン | コメント:4 | トラックバック:0 |

アンヘルス旅行記 5日目 サヨナラパーティー

「ハニー…今日はあまりお酒飲まないで…」
「ん…?なんで?」
「酔っ払ってるからフィニッシュしないって…友達が言ってた…」
「ん…?友達に話したの?」
「…だって…ハニー1回しかフィニッシュしないから…」

いや、そりゃね1回しかイッテないよ…でもさ友達に言わなくてもいいじゃんヨ!

「…まぁいいや…じゃあさ、ビール1本だけ飲んでいい?」
「…1本だけ…1本だけだよ!」
「はい…わかりマシタ」

まぁ約束したって守るわけ無いけどネ!セックスより酒の方がすきなんだから!
っつーことでPちゃんのバーへ行きました…サヨナラパーティーやりに…

Pちゃんと手をつなぎながらバーに入っていくと、さっそく冷やかされるわけで…
二人のペアリングを見て“結婚するの?いつ、いつ、ねぇ、いつ結婚するの?”
って…しねぇヨ!

冷やかしついでにドリンクを頼んでいくわけで、テーブルの上にはLD
だらけ…まぁ、しょーがナイ…サヨナラパーティーだから…

Pちゃんの友達のダンサーや、ママサン、関係ないウェイトレス、10人位に
囲まれて飲んでたんですが、Pちゃんたちのおしゃべりを聞いてても
ツマンナイので、オジサン1人だけステージのまん前のテーブルに移動して
ピンポン球投げて遊んでました。

*ピンポン球はゴーゴーバーによくある、女のコがキャッチすると1個20ペソ
もらえる例のヤツです、小さいバケツに15個入ってて300ペソだったかな?…

10分位するとPちゃんもオジサンのテーブルに来て一緒にピンポン球投げてました

「ハニー…ビール飲み過ぎ…」
「はははw、いーのいーの!最後の夜なんだからサ!…そうだ!クラッカーも鳴らそうぜ!」

もう酔っ払ってるから止まんない!テーブルに置いてあった1発100ペソのクラッカー
を、2人でパンパン鳴らしました…そのまま鳴らしてもツマンナイので、
ポケットに入ってた、20ペソと50ペソ札を丸めてクラッカーにつっこんで、紙ふぶき
と一緒にお金が飛び散るようにしてパンパン!

20ペソと50ペソ札が無くなったんで100ペソ札を丸めようとしたら

「ハニー止めて!100ペソはもったいない!」

まぁ、そりゃそうだけどサ…ステージではダンサーがキャーキャー騒いで待ってるし…
ウェートレスを呼んで20ペソ札に両替してもらいました…100枚、2000ペソ

2000ペソ…って2000円位?…ははwいや4000円位か…フィリピンパブの
1セット位の金だからまぁいいか!ってノリで帯付きの20ペソの札束を受け取り
くしゃくしゃ丸めていきました。もうクラッカーに入れるのもメンドクサイんで
そのままステージに投げてました。

Pちゃんも一緒に投げてたんだけど、チラッとみると2、30枚の20ペソ札をそのまま
自分のバッグに入れてたなw…まぁいいや

「ねぇ…ハニコ、ベル鳴らした事ある?」
「ハニー…高いから止めて…」
「いいんだよ…最後の夜なんだから…」
「じゃあ、ステージリングザベルにして」
「何それ?」
「あの小さなベル…ステージにいるダンサーに100ペソのテキーラあげるベル」
「じゃあ、ステージに5人しかいなかったら500ペソ?」
「うん…今ダンサー多いから、後で少なくなったら鳴らして」

まぁステージに5人しかいないことなんて無いんだけどね…
30人位いたダンサーが12、3人になった時、ベルを鳴らしに行きました。
背の低いPちゃんは、そのままだとベルに手が届かないので、Pちゃんを抱き上げる
ようにして2人で カラン カラン カラーン!

ダンサーのキャーキャーいう声がたまんないよね!

ステージで踊っていたダンサーがテキーラのショットグラスを持ってテーブルに来て
1人ずつ乾杯しながら、頬にキスしていきます。

Pちゃんの友達もいたようで、キスした後オジサンの耳元で

「ありがと…オジサン、飲みすぎると、またフィニッシュしないよ…フフフw」

ははは…ショボーン…

ウェイトレスにお会計を頼んで、トイレに行くとデブの白人のお爺ちゃんが

「オマエはクレイジーだ…」

と呟いてました…クレイジーって言うか…馬鹿なんだけどね!はははw
帰りがけにママサンが来てハグしながら言いました

「オジサン、楽しかったよ…今度はいつアンヘルスに来るの?」
「えーと…次は9月かな…」
「9月に来て結婚するの?」

だから、結婚なんてしねぇっつーんだよ!…って言えないから、はははw
って笑ってごまかしちゃったw


フィリピン | コメント:5 | トラックバック:0 |

アンヘルス旅行記 5日目 ペアリング

Sちゃんをホテルの外まで見送り、そのままホテルのレストランで朝食…
1人でご飯食べても美味しく無いよな…

部屋に戻って昼寝してるとPちゃんが来ました

「ハニーおはよう」
「あぁ…おはようハニコ…」
「…昨日誰と一緒だったの?」
「…んー…えーと、1人だよ…1人で寝てた…」
「誰もバーファインしなかったの?」
「ん?したよ…バーファイン」
「誰?ドコのバー?名前は?どんなオンナ!」
「…オマエだよ」
「あ…そうか…ハニー…ラヴュー…」
「はははw…ラヴュトゥー」

単純なコって可愛いよなw

「ハニー…昨日のバーファインのお金…友達に借りて払ったの…」

そういえば昨日Pちゃんのバー行ってなかったな…

「友達ってバーのコ?」
「うん…ハニー今日は私のバーに来るの?」
「うん…昨日と今日のバーファインのお金も払わないといけないし…
  明日日本に帰るから…今晩が最後の夜だし…」                 
「ハニー…」

抱きしめられて、ベッドに押し倒されちゃった…んーちょっと汗臭いな、Pちゃんw
よく見ると、ずいぶん着古したTシャツ着てるな…

「ハニコ…昨日買った服はどうしたの?」
「ハニー…明日帰るんでしょ?空港まで一緒に行ってもいいでしょ?」
「うん…いいけど…」
「ハニーが買ってくれた服は明日着る…Tシャツも、ジーンズも…」

…いいコじゃん…Pちゃん…でもさ…なんか匂うから一緒にシャワーしようぜ

一緒にシャワーを浴びた後、SMクラークで食事とショッピング…まぁ毎日SMだよ…
他に行くところないし…セックスぐらいしかやる事無いモン…あんまりしないけど

「なぁ…ハニコ…なんか欲しい物ある?」
「…バハイ」
「チッ!! やだヨ!」
「ハニ…ジョーク、ジョーク」

冗談に聞こえねぇヨ!

「…じゃーね…ベイビー…」
「はははw…オレ知らねぇモン、子供の作り方…」
「嘘つきw…ねぇハニー…指輪が欲しい…」
「あぁ?ブルガリのリング?ゴールドのリング?」
「買ってくれるの?」
「やだ!」
「ハニー…安いのでいいから、ペアリングが欲しいな…」
「…安いやつでいいの?」

安っぽいシルバーアクセサリーの店に入り、Pちゃんは値札を見ながら
ホントに安いペアリングを選びました…シルバーでもない、ステンレスの
一番安いやつ…

「ハニー…名前彫ってくれるんだって」

すごく嬉しそうに言ってたな…店員が二人の名前を彫ってる間、Pちゃんは店員と
おしゃべりしてたんだけど、“恋人は日本人?付き合ってどれ位?”なんて聞かれて

恋人になって…3…ううん4ヶ月かな…って答えてたけど

初めて会ってからまだ4日だし、恋人じゃねぇヨ!なんて言えないから
タガログも、英語もわかんない振りしてニコニコしてました。



フィリピン | コメント:4 | トラックバック:0 |

アンヘルス旅行記 5日目 ツユダク

昨日、無事に日本に帰ってきました。まぁ、いろんな事があったけど楽しかったです。
それはさておき、初めてのアンヘルス旅行記、5日目の話…

「おはヨ…Sちゃん」

いやぁ、気持ちいいセックスした翌日は目覚めもいいですね…寝顔も可愛かったナ
…Sちゃん。寝てるSちゃんにキスをして起すと、

「ん…おはよう…オジサン…チュッ」

Sちゃん、オジサンの首に腕を巻きつけて抱きしめてから、もう一度チュって…いやマジで
仕事上手!中年のオジサンなんてイチコロwもう…インラブになっちゃうヨ!はははw

「…Sちゃん、朝ごはん食べに行こうよ…それから、えーと…もう1回…」
「オジサン…ごめんね…妹が待ってるの…朝食は妹と毎日食べるから…」
「そうか…残念…」

オジサンがションボリ残念そうに言うと、

「…私ね、いつもはお客さんのホテルに泊まらないの…ショートタイムだけ…」
「そうなんだ…」
「妹が待ってるから…でも、オジサン優しかったから…泊まっちゃった…チュッ」

また!またチュッって!もうね…アン時聞こえたモン!ズッキューーーン!!って!
ハートになんか刺さっちゃった!なんだろ…コレ?…コレガアイナノ?はははw

「オジサン…時間が無いから、ご飯は一緒に食べられないけど…もう1回する?」

するよ!するするする!もう1回!もうね…フェラチオとか玉舐めとか、どうでもいいって!
もうチンコビンビンだよ!!コンドームして唾つけて、そのままブスっと!
はぁ?前戯?いらねーよ!もう我慢できねぇモン!



いやぁ…この時、早かったなぁ…はははwいつもは、なかなかイカ無いんですけど、
…あとね、いつもはピュッ…って感じなんだけど、この時は

ドピュッ!ドクドクドクって、えーと…そう!ツユダク?はははw

もう一度長ぁいキスをして、Sちゃんとイチャイチャしてると、Sちゃんの電話の
呼び出し音が…

「たぶん妹…オジサン、電話してきていい?」

そう言うと、Sちゃんは電話を持ってバスルームへ行きました…
別に聞き耳立てるつもりは無かったんだけど、聞こえちゃった…
すごい大きい声なんだモン…Sちゃんの“いもうと”…
いや、野太い声…タガログだから、よくわかんないけど…そうとう怒ってるね…
Sちゃんも、そんなに大きい声で怒るなよ…痴話喧嘩は家に帰ってからに
すりゃあいいのに…

「オジサン…“いもうと”すごく怒ってるから…もう帰らないと…」
「あぁ…そうだね…“いもうと”にヨロシクね…」
「………ゴメンね…オジサン…」
「いいんだよ…ゴメンなんて言わなくてさ…」
「…ありがと…オジサン」

いや…ホントにさ…謝るなよ…Sちゃん…みんないろんな事情があるよ…

お客さん皆に言ってる事かも知れないけど、どのお客さんにも同じ事
するのかもしれないけど…ホントにドキドキしたよ、すごく楽しかったよ

Sちゃんは急いでシャワーを浴びて身支度を整えました…

「Sちゃん…これ…トライシケルのお金…」

ポケットに入ってた500ペソ札を2、3枚丸めて渡すと

「オジサン…多いよ…こんなにいらない…」

Sちゃん受け取らないので、バッグに無理やりねじ込んじゃった…

「いいんだよ…Sちゃん、すごく楽しかったから…“いもうと”に何か買ってあげて…」
「…ありがとう…オジサン…また会える?」
「うん…明日日本に帰るから…今晩はわかんないけど…」
「そう…今日はガールフレンドと一緒なんだ…」
「いや…ガ、ガ、ガールフレンドじゃないんだけど…」
「嘘つき…」

Sちゃん、チョット怒った顔してオジサンの鼻をつまんでギュッってした後、
ニコって笑ってキスしてくれました…

「はははwあのさ…Sちゃん、9月にまた来るよ」
「うん、わかった…待ってる…9月ね…」

ホントはさ…ずっと一緒にいたかったよ…Sちゃん


フィリピン | コメント:6 | トラックバック:0 |

アンヘルス旅行記 番外編

前回の旅行記を書き終えてから、今回の旅行中の出来事を書く予定でいるのですが…

えーとね…今回書けること無いかもしれないです…

だってさ、1回もしてないんだモン…セックス

今日で4日目になるんですが、オジサンまだバージンです…

もうね…いっそこのまま清い体のまま日本に帰ろっかな…なんて考えてます

いや、女のコは毎晩いるんですけどね…セックスしねぇなら帰れよ!って言えたらなぁ…


フィリピン | コメント:5 | トラックバック:0 |

アンヘルス旅行記 4日目 Sちゃん

Sちゃんにドリンクを出して二人で話していると、アンジェリーナや、ママさんたちも
来ました…またテーブルにグラスがいっぱい並んじゃったよ…

全然安くねぇヨ…アンヘルスって

「ゴメンね…オジサン…さっきお客さん居たから…」
「あぁ…いいよ、しょうが無いモン…」
「オジサン帰ったから…もう来ないかと思ってた…」
「いや、Sちゃんに会いたかったから…」

聞いちゃいけないとは思ったんだけど…つい言っちゃった…

「さっきのお客さんはバーファインしなかったの?」
「…昨日のお客さんの事も聞きたい?…」
「…ごめん……いや…」
「昨日のお客さんは、あまりタイプじゃなかったから断っちゃった…」
「…えーと…オレは?…タイプなの?」
「フフフ…w」

Sちゃん笑いながらオジサンの耳をつねって、耳元で“シークレット”だって…仕事上手いなw

「さっきのお客さんもバーファインしたいって言ってたけど…」
「タイプじゃなかったの?」
「バーファインの値段が高いって言って帰っちゃった…」


よく考えたら何も聞いてないんですよね、生理中かも知れないし、処女だったら
バーファインはできるんだろうけど、セックスはできないし…お金払えばいいんだろうけど

…いくらかかるんだろ、ドキドキしてきたなw
10万円…いや15万円までなら…もう日本で援助交際するより高ェよ…

「えーと…いくらなの?…バーファイン…」
「3000ペソ…私はスペシャルダンサーだから…」

3000ペソ!全然高く無いじゃん…通常の3倍か…角が生えてたり、赤かったりしてw

「Sちゃん…今日さ、一緒に寝ようよ…」
「バーファインしてくれるの?」
「うん、Sちゃんが良ければ…」
「ありがとう、オジサン……チュッ」

まぁたキスされちゃった…ホントに仕事上手いな…w

いやぁ…いいコだったな…Sちゃん…
一緒にジャクゥジに入って、普通にセックスしました…あ、いろんな所にキスされちゃった…w

初日の4P…2日目、3日目の中折れ…マトモにセックスしてなかったから…
4日目にして初めて“普通に”セックスしたような感じでした。


フィリピン | コメント:8 | トラックバック:0 |

アンヘルス旅行記の途中ですが…

アンヘルス旅行記の途中ですが…また来ちゃったwアンヘルス

とりあえずですが…天候は雨…
オジサンの体調は…良いわけないですよ、また寝てないんだから

えーとね…とりあえず少し寝ます…

また嘘ついちゃったw てへw

眠れるわけないですよ、アンヘルスまで来て…

ちょっとお酒飲みに行ってきます。
フィリピン | コメント:4 | トラックバック:0 |

アンヘルス旅行記 4日目 あのコのバー5

アンヘルスにいるのに…なぜか(…馬鹿だから)東京のフィリピンパブ並みの
飲み代を支払ってバーを出ようとしたオジサン…

しょんぼり肩を落として歩いてゆくと、Sちゃんが来ました。

「帰るの?…オジサン…」
「あ…Sちゃん…1時間後にまた来るよ…今日はずっと一緒にいたいんだ…」
「待ってる…約束だよ…チュッ」

舌は入ってこなかったけど…キスされました。たぶんチンコの先っちょは
この時もうヌルヌルしてたと思います。

まぁね…こんな約束あてにはならないけど…

またフィールズに出て、他のバーを散策…とは言っても1時間しかないから、
入ったのは1軒だけ。

ちょっとタイプな感じのウェートレスに引きずり込まれるように入店。
黒くてちっちゃいウェートレス…まぁロリ系ですよ。

「アコ チンチン タベル…」

こんなことをストレートに言われると、かえってオジサン引くわけで…
そのウェートレスにステージで踊ってるダンサーを呼んでもらいました。
ダンサーを呼んでも、そのウェートレスはオジサンの隣に座り
「チンチン タベル…アコ チンチン タベル…」
と呪文のように繰り返しながらチンコを触り、しつこくバーファインをねだってきます。

まぁ時間も深夜2時近く…ってオイ!もうすぐ約束の時間だよ!

…飲みすぎでフラフラ、チンコ触られて先っちょヌルヌルになってたんで気付かなかったヨ

「ご、ごごゴメン…もう行かなくっちゃ…また今度ね!」

慌てて飲み代を支払いながらそう言うと

「オジサン…アコ チンチン タベル…」


Sちゃんがいなくても、このバーに戻る事は無いだろうな…

Sちゃん…Sちゃん…Sちゃん…Sちゃん…Sちゃんの名前を呟きながらSちゃんのバーへ
向かいました…Sちゃん…Sちゃん…チンチン 食べてくれるかな?…Sちゃん…Sちゃん
…チンチン タベル…Sちゃん…チンチン タベル…チンチン タベル…チンチン タベル…

…馬鹿!Sちゃんはチンチン食べねぇよ!…キスしてくれんだモン、いろんな所w

Sちゃんのバーへ入ると、ウェートレスがオジサンの顔を見るなり
「お帰り!オジサン…Sちゃん呼んでくる?」

よかった!まだいるんだ!Sちゃん!

「待ってたよ…オジサン…チュッ」
Sちゃんはオジサンのそばに来ると、抱きしめてキスしてくれました…
オジサンもSちゃんを抱きしめディープキス…ウェートレスに冷やかされながら
案内された席までSちゃんと手をつないで行きました

フィリピン | コメント:8 | トラックバック:0 |

アンヘルス旅行記 御礼とお詫びと言い訳

いやぁ…自分で言うのもナンですけど…長ェよ!!この話…スイマセン

皆様のおかげで、アクセス数も増加し、コメントも書いていただけるようになり、
ブログの更新も楽しくなりました、いやホントにコメントいただけると、励みになります。
いつもコメントしていただいてる皆様、ありがとうございます。

次のアンヘルスへの出発日を、指折り数えながら日々を過ごしてきましたが…
もう折れる指も、残り数本…

忙しい仕事の合間や、二日酔いの早朝にコンピューターに向かい、
深夜に泥酔状態でキーボードを叩いた事もありました。

なんとか出発前にアンヘルス旅行記を終わらせたかったんですけど…
多分無理です…てへw


いや、笑ってごまかす積もりは無いんですが…笑ってないと、泣けてくるじゃないですか…

アンヘルス旅行記を自分で読み返すと…アンヘルスまで行って、オレは何をしてんだろ?
って思うモン…自分でも。


えーと自分探し?……そんなわけ無ぇっつんだよ!馬鹿!

いや…ほんとスイマセン。

だってさ…あんまりしてないんだモン…セックス…
そりゃね、マンコとかチンコの話をしたいですよ…でも滞在中飲んだくれてただけですから
フラフラと…たまにチンコ挿しても不発弾…

まぁね…言い訳書いてるヒマあったら、とっとと続きを書けばいいんですけど…
いや…わかってるんですけど…


フィリピン | コメント:8 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。