いや、趣味なんですよwフィリピンパブほら…オジサン馬鹿だからw

フィリピンパブでの出来事とか、フィリピンパブの思い出とか 。何をいまさらフィリピンパブなんて…って人も多いでしょうが、 オジサン大好きなんですよw いや、だってさ…趣味なんだもんwフィリピンパブw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アンヘルス旅行記2 ダブルブッキング2

ホテルのレストランに戻ると、ライカちゃんはジュース飲みながらプールを眺めてました…

「ハニコ…ご飯食べたの?」
「ハニコ マッテタ…イッショニ タベタイカラ…ハニコ ドコ イッテタノ?」
「あ…さっきバーに居たから…お金払ってきた…ハニコ…ご飯食べたら帰るの?」
「マダ キタバカリ…カエッタ ホウガ イイノ?…」
「えーと…泊まってく?」
「…ウン…」
「レイプしないでね…はははw」
「ハニコ! フフフw」
「じゃあさ、ジュース飲んだら買い物行こうよ、着替え無いでしょ?」

っつー事でSMクラークへ…トライシケルでSMへ行き、50ペソ払うと

「ハニコ…タカイヨ…」…オレもそう思う…

SMでライカちゃんの着替え、Tシャツや、ジーンズを買った後、二人で食事
Savory…だったかな?でチキンのセットを食べてたんですけど

「アンドックスのチキンの方が美味しいね…」
「ウン アンドックス ノ ホウガ オイシイ……ハニコ コエ オオキイヨ…」
「大丈夫だよ、みんな日本語わかんないから…w」
「ソウダネ…フフフw」

二人で食事を楽しんでいると、Pちゃんからtext“pls call me”電話をすると…

「ハニー!今どこ?何してるの?!」
「えーと…友達とSMでご飯食べてる…」
「私も行く!SMで待ってて!」
「えーと…気をつけてね」

ライカちゃんは心配そうに、

「ダレ?ダレカラ デンワ?…」
「えーと…アゴーゴーのダンサー…7月に来たときに会ったコ…」
「コイビト ナノ?」
「えーと、違うよ…多分…」
「…フ-ン…」
「こっちに来るってさ…紹介するよ」

10分ほど待ってるとPちゃんから電話…

「ハニー!どこ?」
「あ…じゃあさ、ジョリビーで待ってて、すぐ行くから…」

ジョリビーはいいよね…ナイフもフォークもプラスチックだから…

ライカちゃんを連れてジョリビーに行くと、Pちゃん機嫌悪そうに立ってます…

  「ゴメンねPちゃん、お待たせ…ご飯食べた?」
 P「いらない…」
  「えーとライカちゃん、前日本で仕事してたんだ…」
 ラ「ハロー…」
 P「………ハニー、ちょっと」 

Pちゃんはライカちゃんに挨拶もしないで、オジサンの腕をつかんで引っ張っていきます…

「ライカちゃーん!ゴメンね、ちょっと待ってて!…おい、どこまで行くんだよ?」
「ハニコ!友達?ガールフレンドでしょ!嘘つき!前電話してたマニラのコでしょ?」
「前電話してたって…7月の話?違うよ!それは違うコだよ…」
「違うコ?恋人イッパイいるのね!」
「そんな事無いよ!…チョットだけw」
「…バカ! あのコ…ライカ、今日泊まるの?帰るの?」
「帰ると思うよ…多分…」
「ちゃんと“帰れ”って言って…二人の部屋に違う女入れないで!」

二人の部屋って…ホテルだし…オレの部屋だし…

「わかったから…ちょっと落ち着いて、ちょっとここで待ってて…」

ライカちゃんの待つテーブルに行って

「ちょっとゴメンな…」
「ハニコ…シャ ナンダッテ?オコッテルノ?」
「あぁ…大丈夫だよ、友達が今日誕生日だから…“一緒にケーキ買いに行こう”だってサ…」
「ソウナンダ…」

嘘なんだ…w

「ゴメンな…先にホテル帰って待っててよ」
「ウン…ロビーデ マッテル…」
「レストランで待ってなよ…すぐ帰るから…」

Pちゃんのところへ戻り

「ライカ帰るってさ…」
「ホントに友達?恋人じゃないの?」
「昔ね…今は友達だよ、ただのト・モ・ダ・チ!」
「ほら…友達じゃ無いじゃん…嘘つき!ババエロ!」
「はははwもういいじゃん…レッドリボンでケーキ買おうぜ!友達誕生日でしょ?」
「フン!」
「ケーキ何がいいかな…チョコレートケーキがいい?」
「…大きいの」
「ん?」
「ハニー…大きいの…すごく大きなチョコレートケーキがいい…」
「はははwよし!一番大きいヤツ買おうぜ!」

ケーキの話で機嫌が直るあたりがまだ子供…可愛いよな…w

Pちゃんと二人でレッドリボン(ケーキ屋さんですよ)に入りケーキを注文

「すいませーん!一番大きなケーキ下さい!チョコレートケーキのやつ!」
「ハニー…メッセージどうする?」
「ん?…ハッピーバースデイでいいんじゃないの?」
「うん…あと、二人の名前入れるね…」
「あぁそうだね…オジサン&Pちゃんって入れてもらって」
「時間かかるのかな?」
「ちょっと待って…」

Pちゃんが店員にタガログで聞くと

「ハニー…30分か40分だって…」
「あ、そう…ゴメンなハニコ、後でバーに行くから…ちょっと先に帰るよ…はいお金、」
「ちょ、ちょっと ハニー!ねえ!ちょっと待って!ハニー!!」

ぐずるPちゃんにケーキ代より多めにお金を渡して先に帰っちゃった…てへw



スポンサーサイト
フィリピン | コメント:6 | トラックバック:0 |

アンヘルス旅行記2 2日目 ダブルブッキング

マニラのガールフレンドに“バカ ダカラ!”と電話を切られ、ちょっと落ち込むオジサン…
まぁ落ち込んでる暇も無いわけで、気持ちを切り替えPCの電源をいれてフィリピン系ブログと
メールのチェック…

ロッテちゃんからメールが来てたので落ちたテンションもちょっと回復。

“オジサン気をつけてね、フィリピン楽しんでね、はやく帰ってきて…あいたいから”

…もう日本に帰ろうかな…まだ帰んないけど…

“オレもあいたい…じかんあったらでんわしてください”…ついでにポケットに入ってた
KDDIワールドカードのカード番号も書いて返信。

1時間ほどPCをいじっているとライカちゃんから電話…

「ハニ…イマ バスノ ナカ…ホテル ドコ?」
「ワイルドオーキッドだよ、えーとバリバゴ…フィールズアベニューかな?」
「アンヘルス デショ?」
「何時に着くのかな?」
「ワカンナイ…タブン 4ジカン?5ジカン?」

…バスで来るとそんなにかかるの?

「じゃ分かんなかったら電話してよ…気をつけてね」
「ハイ…ハニコ ヒトリ?」
「うん…1人だよ…」

えーと…今はね…

「ハニコ 一人で来るの?」
「ヒトリ ダケ…ラヴュー…」
「あっそう…ラヴュトゥー…」

部屋にいてもつまんないんで、シャワーを浴びて出かけました…この時間にやってるのは
ドールハウスか…

ドールハウスに入るとヴァージンのVちゃんがいたので、テーブルに呼びました

「久しぶり…元気だった?」
「オジサン!いつ来たの?アンヘルス…」
「えーと…昨日…ねぇVちゃん…まだヴァージンなの?」
「…うん…」

この時、聞いたんですけど、ロストヴァージンのお値段は150000ペソだって…
約30万円か…高ぇヨ!前回聞いた15000ペソはオジサンの勘違い?
Vちゃんの勘違い?まぁどっちでもいいや…買わないカラ…w

2時過ぎたのでPちゃんのバーに移動…

まぁバーファインするコが決まってるバーってあまり面白くないですよね…
ダンサー寄ってこないし、寄ってくるのはオバサンのウェートレスか、
Pちゃんの友達だけだもんな…

「ハニー…ちょっと待ってて…ボディペイント洗ってくる…」

そう言ったままPちゃん戻ってこないし…
ウェートレスのオバちゃん相手にビールを飲んでるとライカちゃんから着信
バーの外へ出て、通話ボタンを押すと

「ハニー…ホテル ツイタヨ…ワイルドオーキッド…」
「えっ?もう着いたの?…4時間っていってたのに…」
「ハニー…コワイ…パンパンガ ハジメテ…トモダチモ イナイ…ハニー ドコニ イル?」
「あ…すぐ行く、ちょっとロビーで待ってて…」

バーに戻り、顔見知りのウェートレスに“すぐ帰ってくるから、ちょっとホテル戻るね”
そう言って金も払わずに急いでホテルへ帰りました。

ホテルのロビーを探したけど、ライカちゃんの姿が見えないので電話をすると
トイレから出てきました

「はははw久しぶり…なんでトイレに隠れてるの?」
「ハニー…コワカッタ カラ…ヒサシブリ アイタカッタ…ハニー…」
「ご飯食べた?」
「マダ…ハニー…ナンデ パンパンガ…」
「ほら、そこのレストランで食べよ…何がいい?」
「ハニ…ナンデ サヨナラパーティー ノ トキ…」
「すいませーん!メニューくださーい!」
「ネェ…ハニー…」
「ゴメンな…ハニコ…ちょっとお金払ってくるから、ちょっと待ってて、何でも好きな物頼んで」
「チョ チョット!ハニコ!…」

Pちゃんのバーに戻ると、着替えが終わったPちゃんがオジサンのテーブルで待ってました

「ハニー、どうしたの?」
「ゴメンな…ちょっと友達がマニラから着たからさ…」
「友達?ガールフレンドでしょ!前電話してたガールフレンド?」
「違うよ…友達!ちょっと、ご飯食べてくるから…ここで待っててよ」
「えー…すぐ帰ってくる?」
「えーと…後で電話する」
「ハニー!…」

またホテルへ戻りました…はぁ…はぁ…くそ…暑いな…なんでこの暑い中…
行ったり来たりしなきゃ…はぁ…いけないんだよ…はぁ…あぁ…馬鹿だからか…はぁ…


フィリピン | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。