いや、趣味なんですよwフィリピンパブほら…オジサン馬鹿だからw

フィリピンパブでの出来事とか、フィリピンパブの思い出とか 。何をいまさらフィリピンパブなんて…って人も多いでしょうが、 オジサン大好きなんですよw いや、だってさ…趣味なんだもんwフィリピンパブw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アンヘルス旅行記2 2日目 トリプルブッキング

三人で部屋に戻り、VちゃんとライカちゃんはTVを見ながら仲良くおしゃべりしてたので
オジサンはPCを立ち上げメールをチェック…

ロッテちゃんからメールがきてました

“オジサン 何回も 電話したけど つながらない…何してるの?心配してる…”

何してるって…酒飲んでたダケなんだけど…セックスもしてないし…

“電話ないよ…でんぱ悪いのかな?…心配いらない マジメしてます 愛してるよ”

と、返信すると…

「マジメ シテマス…アイシテルヨ……ハニコ…ダレニ メール シテルノ?」

ライカちゃん…後ろで見てたのね…

「サッキ デンワ シテタ ガールフレンド?」
「えーと…違う…電話してたのはタエちゃん…このコはロッテちゃん…」
「…ハニコ…パロパロ…… ゼンゼン マジメ シテナイ!」
「はははw…いや、まじめ、まじめ…いつもよりチョットまじめ…セックスしてないし…w」
「…サッキ ワタシニ キス シタ デショ…」
「はははwもう…挨拶だよア・イ・サ・ツ!キスくらい気にすんなよ」

日本語で話してたのでVちゃんは意味がわからず、ただニコニコしてました

   「ねぇ…キスくらいいいじゃんねぇ…Vちゃん、キスして…  …チュッ!」 
  V「え?…何…何?……チュッ!… …恥ずかしいよ…オジサン…」
  ラ「アーッ! Vチャン トモ キス シター!」
   「はははw…ほら、ライカも…もう1回……チュッ!」
  ラ「チョ…チョット、ハニコ…ンンンンン…」
  
そのままオッパイ触って、服を脱がそうとすると

「ハニコ! ハズカシイ…Vチャン ミテルヨ…」
「ははは…w大丈夫、大丈夫!」
「ダイジョーブ ジャ ナイ!」
「ライカ…一緒にシャワーしようぜ!」
「…セイリ アル 」
「あ、そうか…じゃ生理おわったらね」
「ヤダ…バカw… ハニコ…サキニ シャワー スルネ…」
「うん…Vちゃんと遊んでるから…ゆっくりシャワーして…」
「バカ!…フフw」

ライカちゃんがシャワーをしてるので、Vチャンとベッドでイチャイチャ…チューチューしてると

「ねぇ、オジサン…ホントに恋人じゃないの?…ライカ…」
「昔は恋人…だったかな…でも今は違うよ…1年以上会ってないし…」
「今でも愛してるんじゃないの?…ライカの事…」
「うーん…わかんない…はははwあまり考えないから…でも、好きだよ…ライカの事…」
「ふーん…」
「あ…Vちゃんも好きだよ…はははw」
「ふふふw…嘘つき…w」

そんな事を話してると、また電話…Pちゃんから…

「ハロー…どうしたの?」
「ハニ!今どこ?!」
「えーと…ホテルに帰ってきたよ…」
「…ライカも一緒?」
「…うん」
「…泊まるの?」  
「わかんないけど…多分ね…」
「なんで!帰るって言ったでしょ!」
「しょうがないじゃん…もう遅いし…明日帰るんじゃないかな…多分…」
「私はどうするの?」

どうするって言われてもね…

「えーと…Pちゃんも泊まってく?」
「私も泊まっていいの?」
「うん…別にいいよ…今どこ?」
「ホテルの前!すぐ行く!  …プープープー」
「ちょ…ちょっと…もしもし?」


「…オジサン…誰?…誰と電話してたの?」
「えーと…Pちゃん…」
「誰?Pちゃんって…」
「えーと…アンヘルスのダンサー…7月に来た時、一緒に遊んだコ…」
「ガールフレンド?」
「えーと…わかんない…はははw」
「…パロパロ…w」

そんな事をVちゃんと話してると、フロントから電話…
“ハローオジサン、友達きてるけど…どうする?”フロントに一人で来てるか確認すると、
女のコが一人で来てると言うので、とりあえず一安心…いや、何人かで来てたら
怖いもん…絶対部屋には呼べないですよね…

Pちゃんから電話…「ハニ!今部屋の前!ドア開けて!」
…電話しなくてもノックすりゃいいじゃん…目の前にいるんだから…ドアを開けると

「ハニ!なんで私達の部屋に違う女泊めるの!…」

開口一番それかよ…オレの部屋だ!っつーの…

「ハニコ…とりあえず、中に入んなよ…なんか飲む?」
「いらない!……ハニ…誰?」

ベッドの上で寝転んでたVちゃんを見るなり“誰?”だって…

「えーと…Vちゃん…」
「…ライカは?」
「今シャワーしてる…」
「…なんで?…なんで2人も女がいるの?…」
「えーと…」
「もう帰る! …大ッ嫌い!」

そのままPちゃんは部屋を出たんだけど、もう一度ドアを開けて

「大ッ嫌い!!」

だってさ…まぁ…しょうがないよね…


スポンサーサイト
フィリピン | コメント:6 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。