いや、趣味なんですよwフィリピンパブほら…オジサン馬鹿だからw

フィリピンパブでの出来事とか、フィリピンパブの思い出とか 。何をいまさらフィリピンパブなんて…って人も多いでしょうが、 オジサン大好きなんですよw いや、だってさ…趣味なんだもんwフィリピンパブw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

続き プータン、何?…どういう意味?

ピザを半分ほど食べ…残りはバーに来てた顔見知りのキャバ嬢にあげちゃった…

だって早く帰りたかったんだもん

熊さんの車でリストカッターフィリピーナ…長いな、リスカちゃんのアパートまで
送って行きました。

「オジサン、クヤ アリガト、ソコノ アパート デス…」

はぁ…やっと着いたよ、まぁ20分位の距離でしたけど…

リスカちゃんを降ろし、ついでにオジサンも後部座席から助手席に移動しようと
車から降りると、アパートの陰から人影が…フィリピン人のおにいちゃん…
あぁ、リスカちゃんのボーイフレンドかな?

「ほら、ボーイフレンド迎えにきてるよ…じゃ、またね」

オジサン、ニコっと笑って挨拶してると、リスカちゃん顔面蒼白…

「オジサン!!ニゲテ!!」

はぁ?なんで?…なんで逃げるの?オレ関係無ぇジャン…

ボーイフレンドのフィリピン人、いきなりオジサンの胸倉を掴み

「オマエ ダレ!!! オマエ ナニ!!!」

誰?と聞かれりゃ…オジサンですけど、何?と聞かれりゃ…まぁ馬鹿なんですけど…ははw

「はははwおにいちゃん、ちょっと落ち着けよ」
「ダレ!!!ナニ!!!」

それしか日本語わかんないのかな?英語で話すか、タガログで話すか考えてると…

道産子ヤンキーの熊さんが車から飛び出してきました…傘もって…

熊 「オラー!!てめぇ 何やってんだー!!!」

熊さんが傘ブンブン振り回しながら近づいてくると、ピノイのおにいちゃん
慌てて階段を駆け上がりアパートの部屋へ入っていきました…

熊 「大丈夫?オジサン!」
  「ははw大丈夫だって、もう…熊さん落ち着いてよ」

  「オジサン…ダイジョウブ?」
  「はははw大丈夫だって…後でボーイフレンドに説明してあげて…」

リスカちゃんも泣きながら心配してくれてましたケド…

「ほら、熊さん…もう帰ろうぜ」

車に乗ろうとすると、またリスカちゃん…

「オジサーン!!ニゲテー!!」

はぁ?振り返るとピノイのおにいちゃん、階段降りてきました…傘もって


いやぁ、熊さん傘持ってたけどさ…何も相手に合わせる事ないのに…
せっかく部屋帰ったんだからバットでも持ってくりゃいいのに…
フェアプレイの精神か?なんてニヤニヤしてるとピノイのにいちゃん

「プータンイナモーー!!」

だってさ…

熊 「はぁ?プータン…何?オジサン、あいつ何て言ったの?」
  「あぁ、フィリピン語だよプータンイナモ…」

熊 「何それ…どういう意味?」
  「ん?オマエの母ちゃんでべそ…いや違うな、売春婦」

熊 「なんだとぉ!!コラァ!!!!!」


まだ続くのよ…この話





スポンサーサイト
フィリピンパブ | コメント:6 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。