いや、趣味なんですよwフィリピンパブほら…オジサン馬鹿だからw

フィリピンパブでの出来事とか、フィリピンパブの思い出とか 。何をいまさらフィリピンパブなんて…って人も多いでしょうが、 オジサン大好きなんですよw いや、だってさ…趣味なんだもんwフィリピンパブw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2010

もう今年も終わりか…

早いな、1年…

えーと今年1年を振り返ると…

ロッテちゃんにポイされたり…ホームレスになったり…包丁持って追いかけられたり…


なんかヒデェ1年だな…もぅ

まぁ楽しかった事もたくさんあるんですケド…

ヤッパリね…笑ってほしいですから…読んで頂いている皆様に

“馬鹿だなぁ…このオジサンw”って笑ってもらえるように
頑張って遊んでます

いろんなフィリピン関係のブログありますけど…ここは“馬鹿”がウリですからw

オジサン似合わないですから…なんかラブロマンスみたいなの…


えーと…大きくなったら“高田純次”になりたいです

来年もよろしくお願いします、皆様よいお年を!









スポンサーサイト
フィリピンパブ | コメント:4 | トラックバック:0 |

クリスマスの出来事…

いや、ホントにね…面倒くさいオミセってありますよね…

成田空港
このコ(ナリタちゃん)と

イソガシイ?
このコ…(シイちゃん)

今、同じオミセで仕事してるんです…
あと、もう一人…ブログには書いてないけど、昔ちょっとイロイロあったコも同じオミセ…
元々、初めて会ったのは全員違うオミセだったんですケド…

ナリタちゃんと恋人だったのは2年位前かな?まぁ数ヶ月で喧嘩して別れて…
たまにオミセ行ったり、遊びに行ったりしてますケド…

シイちゃん…ディズニーシーに行った後も、たまに食事したり、映画観たり
恋人…ってワケじゃないけど、たまに遊んでましたケド…

まぁ…他にも遊んでるコは何人もいるワケで…最近シイちゃんとは会ってませんでした。



“ナンデモナイ…メリークリスマスッテ イイタカッタ ダケ…”
なんてシイちゃんに言われて、そのオミセに行ったワケですが…

初めは、“サシブリ、ゲンキダッタ?”なんて普通に話してたんですケド…
ワイン飲んで酔ったせいか、シイチャンだんだん甘えてきて、ベタベタしながら

“アイタカッタ…”“サビシカッタ”なんて耳元で囁いてくるんですケド…

2メートル先のテーブルでナリタちゃんが睨んでるワケで…

「ほら…シイちゃん、みんな見てるからさ…」
「カンケーナイ!!」

「えーと…ほら、ウーロン茶飲みなよ…」
「ヨッパライジャ ナイ!!」

嘘つけ!

「ネェ!オジサン!! マダ アテノコト スキナノ?」
「えーと…どのアテ?」

「アテ ナリタ!! ムカシ コイビト ダッタデショ?」
「えーと…」

なんで知ってるの?

「えーと…昔ね…チョットだけ…」
「ネェ…アテ ジョーナイ シテイイ?」

「…えーと」
「スイマセーン テンチョー!アテ ナリタ ジョーナイ オネガイシマース!!」

勝手に決めンじゃねぇッつーんだよ…

まぁそれから三人で飲んでたんですケド…

ナリタ「…パロパロ、ホント オンナ イッパイ!」
   「えーと…イッパイじゃないよ!…ちょっとダケw」
シイ 「オジサン…マタ デート シヨ」

ナリタ「イツモ ワカイ オンナ バカリ…」
   「オレは馬鹿とバタにしかモテないからしょーがナイw」
シイ 「オジサン…キス モコ…」
   「えーと…ハイ、チュッ!!」

軽くチュッとしただけなんですケド…

ナリタ「ホイ!プータンイナモ!ナンデ チュー シテル!!!」
   「痛い痛い…首を絞めンなよ…おい、苦しいから…やめ、て…」
シイ 「オジサン…モーイッカイ…イサパ」
   「ちょっと待って…えーと…ほら、マジメしようぜ…」
シイ 「オジサン…キスシテ…」

…もう一回しましたよ…ブチューっと、ベロ入れてレロレロしてたら
後ろからナリタちゃんに髪の毛引っ張られて、“痛ッてーっ”振り向くと
ビッターン!!!とビンタ…

最近よくビンタされてんナ…オレ

ナリタ「ヤメロ!!マダ シイチャン 19サイダヨ!カワイソー デショ!!」
   「あのな…オレだって昔は19歳だったよ!!」

19歳だから可哀そうって…意味ワカンネ、

ラストまで飲んでたんですケド…シイちゃんとイチャイチャ、チューチューしながら…
そのたびにビッターン!バッチーン!とナリタちゃんにビンタされてたケド…
まぁ…ナリタちゃんとも仲いいんですけどネ…“トモダチ”ですから、今は…

最後帰る時に、ドアのところでシイちゃんと二人きり、長いキスの後…

「ネェ…オジサン」
「ん?なに?…」

「メリークリスマス…」
「はははwメリークリスマス…それだけ?」

「…アリガト、キョー タノシカッタ」
「オレも楽しかったよ、ありがと…」

「アト……」
「後、なに?」

「…ダマサレルノ コワイナ…」
「はははw騙さないし…オレ嘘つかないモンw」

「ホント?…オジサン ダイスキ…アイシテル…」
「はははwオレも愛してるよ…おやすみ」
「オジサン!ミーティング オワッタラ デンワスル!オジサント ズット イッショニ イタイ…」
「…電話待ってるよ…ラビュー」


15分後…シイちゃんから電話がありました…

「モシモシ…ハロー…オジサン…」
「もしもーし!ゴメンね、ここウルサイからあまり聞こえない…」

「ドコ?」
「えーとキャバクラ!!日本人のオミセ!!」

「…ウソツキ!プータンイナモ!!」
「もしもーし!ねぇ!ちょっと…シイちゃん!!」

プー…プー…プー……

だからさ…嘘なんてついて無ェージャン…


こんなクリスマスでした…



フィリピンパブ | コメント:2 | トラックバック:0 |

メリークリスマス…

いやぁ…毎年ね、思うんですよ…クリスマスなんていらねぇよ!!って…

元々“イベント”なんて行きたく無ェですケド…

誕生日パーティーなんかはネ、そのコのお店だけですケド…クリスマスパーティー
はね…ドコでも、ドコのオミセでもやってんだモン…

避けようがないですヨ!イベントやって無ェ店なんか無いんだモン…

いや…昨夜の話ですケド…

「オジサン…ヒサシブリ、メリークリスマス…」

なんて電話がかかってきたんです…

「…メリークリスマス、どうしたの?オミセ暇なの?」
「ナンデモナイ…メリークリスマスッテ イイタカッタ ダケ…」

「えーと…今、近所で飲んでるからさ…後で行くよ…」


もうね…行かなきゃいいじゃん!って自分でもおもうんですよ…

だってさ…そのオミセに昔のガールフレンドいるんだモン…


*あのスイマセン…続き明日でイイデスカ?もう2日以上寝て無いんで…




フィリピンパブ | コメント:8 | トラックバック:0 |

伝播…っつうかブーメラン?

数年前…まだタレント規制の前でした…

「錦糸町にジョリビーができたんだってサ…」

まぁ嘘なんですけどw

「クヤ…キイタコト アル…キンシチョー オミセ イッパイ ダッテ…」
「フィリピンジン イッパイ ダッテ…」

「ぅそうなんだよ!だからさ、錦糸町にジョリビーできたんだって…」

…それから数ヶ月後、

全然違うオミセのコに

「オジサン、キンシチョー ニ ジョリビー デキタンダッテ!イッショニ イコーヨ!」

…へぇ、ホントにできたんだ…ジョリビー、まぁね錦糸町フィリピン人多いしな…
でもマジで?…

「えーと…錦糸町のどこらへん?」
「…タブン キッズボックス ノ チカク…」

*キッズボックスってフィリピンディスコです…

「誰に聞いたの?」
「アテ○○ ガ イッテタ」

「アテ 行ったの?錦糸町のジョリビー…」
「トモダチ ニ キイタ…ダッテ…」

あぁ…オジサンのついた嘘が、オジサンの所に帰ってきちゃった…


数年前…フィリピン人のガールフレンドとリブインしてた頃…たまにね、
たまにですよ…

お客さんへのメールを代筆してた事があるんですけど…
一番評判が良かったのが

『今日は私のラッキーデイ』

“クヤ ゲンキ?”とか“オミセ ヒマデス アイタイナ”
そんなメールもらったって嬉しくねえっつーんだよ!

って考えたのが『今日は私のラッキーデイ』

タイトルに 『今日は私のラッキーデイ』

(ひらがなで書いたり、ローマ字で書いたり…)

で、本文に…

『今日は○曜日…今日は私のラッキーデイ♪』

(まぁ大体その日の曜日でw)

なんて短いメールを送信すると

『どうしたの?なんでラッキーデイ?』とか
『ラッキーデイ?なんで?マハルコ マハルキタ

…なんて返事が返ってくるので

『あなたと初めて会ったの○曜日だったから…○曜日は私のラッキーデイ

そんなメールすると、大体ね…そのお客さん来ますよ…その日

「ネェ…ハニコ ダイジョーブ?オキャクサン オボエテナイカナ?」
「はははw覚えてないよ…初めて会った曜日の事なんか」

覚えてる人いるんですかネ?
夏頃とか寒い時期とか…何月とかはなんとなく覚えてても
曜日まで覚えてる人はいないだろ…と思って書いてましたケド…

トラブった事は無かったようです。

数週間前…オジサンの携帯に

『kyo wa ako lucky day desu』

ってメールが来ました…そりゃね、すぐ行きましたよ、そのコのオミセ

「オジサン サシブリ!ヤッパリ ラッキーデイ!」
「初めて会ったのが○曜日だから?」

「エ!? アノ ナンデシッテル?…」
「誰に教えてもらったの?」

「アテ○○…デス…」

そのアテ場内指名して誰に聞いたか教えてもらい、そのトモダチに電話して
誰に教えてもらったか聞いて…

数人辿っていったら、昔のガールフレンドと一緒に仕事してた
ホステスにたどり着きました…ちょっとスッキリしました。


同じ様なメールもらった人、結構いるのかな?
オジサンが書いたメールはほんの数人…数回ですから

オジサンのせいじゃないですヨ

デモ一応謝っとこうかな…スイマセンでした




フィリピンパブ | コメント:10 | トラックバック:0 |

オジサンのファーストキス

普段あまり指名しないんですケド…

たまたま入ったオミセで新人を紹介されたら、ワリとノリが良いし
まぁ…若くて、顔もマァマァ…

とりあえず場内指名してしばらく飲んでると、そのコのお客さんが来店…

ヘルプに来たのが、そのコの友達…ウン、このコも可愛いな…

まぁ女のコはみんなタイプなんですケド…w

で、その日は2時間位かな?飲んで帰ったんですケド…

数日後、同じオミセに行ったんですが…

「イラッシャイマセ…オジサン ゴシメイワ?」
「あぁ…えーと…この前のコでいいです」

そのコは結構人気が有るようで、この日も複数のテーブルから指名があるようでした。

ヘルプについたのが前回と同じ“友達のコ”、あともう一人、黒くて細いオジサンの
タイプどんぴしゃのコ!

いやぁ…スキなんです黒いコ!

その時は、あまりオミセ混んでなかったんですよね…指名がかぶってるだけで
“指名のコ”は忙しいんだけど、店は暇…

女のコ…っつーか、オバちゃんホステスは結構あまってるようだったんで、
“友達のコ”と“黒いコ”二人とも場内指名して飲んでました。

いやぁ…ワリとね、スキなんですよ、こういうシチュエーション
指名のコがいなくて、ヘルプのコと飲むの

ヘルプのコもね、自分のオキャクサンじゃないからなのか、ガードがゆるくなって
ワリとプライベートの話もしてくるし…

つまみに、ポッキーとポテトフライなんか頼んじゃったら、やっぱりね…
口移しで食べさせてくれますカラ…w

「ハイ、オジサン…ンー」

なんて“友達のコ”がポッキー咥えてこっちむくから、
少しずつポキポキ食べてって、唇に触れるギリギリ手前まで…

「オジサン…ハイ、ポテト…ンー」

今度は“黒いコ”がポテト咥えて…


もうね…このコ、タイプですから…どんぴしゃですから…チョットずつ、唇の手前で…
なんてしないモン!ガバッとポテト食べてキスしちゃった…てへw

「アー!キスシタ!アコモ!アコモ!」

もうね…止まんないですよ…“友達のコ”とチュウチュウ
“黒いコ”とレロレロ、交互にチュウチュウ、レロレロ…

指名のコの事、忘れてました、あははははははw

まぁ…指名のコが帰ってきてから、文句言われるワケですが…

「オジサン!サッキ キス シテタデショ!!」
「え…してないよ…キスなんてするワケないじゃん!ね?」

“友達のコ”「シテナイヨ へへへw」
“黒いコ” 「シテナイ シテナイ へへへw」

「ウソツキ!!サッキ ミタモン!!」
「だから、してないって!!だってオレ、キスしたこと無いモン」

「ウソツキ!!」
「いや、マジメな話な…オレ、昔から決めてんだよ…」

「ハ?ナニ?…ナニ キメテルノ?」
「えーと…ファーストキスは40歳のバースデイって…」

「ウソツケー!!!」
「あはははははw」

で、“友達のコ”と“黒いコ”にチュ!チュ!ってキスすると

「アーーッ!ホラ!キス シタ! オジサン…アコモ…キス チョーダイ…」

ってこっち見て目ぇ閉じるから…軽くデコピンして

「だから、40歳まで待っててよ、あと3年だから…」

って言ったら…

髪の毛掴まれてグルグルまわされて

「ムカツクー!!プータンイナモ!ナカカイニス カ!!!!」

だってサ…髪の毛掴むんじゃねぇッつーんだよ…また毛が抜けるカラ…









フィリピンパブ | コメント:2 | トラックバック:0 |

ウソツキ!!

「ウソツキ!!!!」


…って、よく言われるんですよね…ナンデだろ?

何回か指名して飲んで、たまに一緒に食事したりなんかするコがいたんですケド…

そのコのオミセ、暇だと1時くらいに終わっちゃうんですよね…
ラストまで飲んで“Wonderful Tonight”を聞きながら、タバコを吸ってお釣りを待ってると

「ネェオジサン…コノアト ドコイクノ?」
「ん…まだ1時だからね…もう少し飲みたいし…」

「キョウ ルームメイト イナイカラ…ワタシノ アパート クル?」
「えーと…」

「チガウ オミセ イキタイノ?」
「いや…別にそんな事無いけど…」

まぁ行きたいオミセもあったケドw…せっかくのお誘いですし…

っつーことでタクシーで5分程のそのコのアパートへ行ったわけですが…

まぁ二人でお酒飲みながらテキトーにオシャベリして、ふと時計を見ると
午前3時…アソコとアソコは終わったな…やってるオミセはアソコと…
なんて考えてると

「オジサン!ナンデ トケー ミテルノ?」
「いや…別に…えーと…」

「ダレカト ヤクソク アルノ?」
「いや、そんな事無いけど…もうやってるオミセないよな…と思って…」

「オジサン!!」
「はい!」

「モウ ヤッテル オミセ ナイヨ!」
「…そうだね」

「…トマッテク?」
「は?…えーと…」

「…ベッド フタツ アルシ…」
「あぁ…そうだね…二つあるね…ベッド…」

「イッショガ イイノ?」
「………」

まぁそんなワケで一緒に寝たんですケド…まぁね、男と女が同じベッドに
寝てりゃあ、チンポは大きくなるわ…マンコは濡れてくるわ…自然と、ね…

いや、たぶん磁力とかあるんじゃないですかね?チンポはS極、マンコはN極…みたいな感じでw
自然と引かれあってくもんだもんナ…

チンポをズブッと入れようとすると…いや、マンコに吸い寄せられて、
入り口に入る直前、

「ネェ…オジサン」
「ん…何?」

「モウ チガウ オミセ イカナイ?」

…もうね、今くしゃみしたらチンポ入っちゃうぞ!って位マンコとチンコは
接近中なのに、こんな時に!ワケわかんねぇクエスチョンするんじゃねーよ!!!
もうやめた!セックスなんてしねぇよ!!バーーーーカ!!!


…とは言えないですカラ…

「うん…もう違うお店行かないよ…」
「ヤクソク スル?ズット ダヨ…モウ チガウ オミセ イカナイ!ヤクソク デキル?」

「うん、約束する…」
「アト…」

もうね、余計な事言わせないように、キスしてお口にフタしたら、
入っちゃったチンポが…まぁヌルヌルしてたからしょうがないよねw

…で、翌朝そのコのアパートから帰ったんですが

「オジサン ヤクソク ワスレナイデ…」
「約束?えーと…」

「キノウ ヤクソク シタデショ!ワスレタカ!!!」
「冗談だよ…ジョーク!忘れないよ“モウ チガウ オミセ イカナイ”でしょ?」

「キノウ ダケジャナイ…ズット ダヨ?モウ チガウ オミセ イカナイデ…」
「はははw大丈夫だよ…じゃ、またね」


で、数日後…
違うフィリピンパブでお酒を飲んで外に出ると、そのコが立ってたワケです…凄く怒った顔して…

「ん、どうしたの?もう仕事終わったの?」

と聞くと、いきなりオジサンにバッチーン!と平手打ちして

「ウソツキ!!!!!」

「痛ててててて…何怒ってるの?」
「ヤクソク シタデショ! ウソツキ!!!」

「違うお店行ってないジャン…」
「イマ コノ オミセニ イッテタデショ!!」

「うん、だって…ここフィリピンパブだよ…」
「ハ?ナニ イッテル!」

「いや…だからさ、日本人のキャバクラにも行ってないし、中国人のお店も行ってない!」
「…………」

「タイパブにもコリアンのお店も行ってない…ソープランドにも…ピンサロだって…」
「…オイ」

「ホントに違うお店行ってないよ…おれ、フィリピンパブだけだって」
「……オイ」

「約束したからさ…“チガウ オミセ イカナイ”って!嘘じゃないよ!!」
「モウ イイ…アナタ ホントニ バカ!スゴク バカ!!」

「ホントにフィリピンパブだけなんだって!!」
「バカヤロ!!!!!!」


いや…ホントに嘘ツイて無いんですよ…
でもね…よく言われるんです…“ウソツキ”って…

ナンデだろ…


フィリピンパブ | コメント:4 | トラックバック:0 |

いや、ホントに申し訳ありませんでした

…すみませんでした、申し訳ございません。

またブログ放置してました。

コメントしていただいた、Yuさん、papadayoさん、クッチーリョさん、ムタさん
すみませんでした。

約20人前後のブログの読者の皆様、すみませんでした。


えーと…ちょっと、あの…その…

キャバクラで遊んでたんで…ホントにすみません

いやぁ“趣味なんですよ、フィリピンパブ…”

なんてタイトルでブログ書いてて、キャバクラネタはどんなモンでしょ…?

…そんな事考えてたら、2ヶ月たっちゃった…

スイマセン…ただの言い訳なんですケド…


まぁ…フィリピンパブにも行ってたんですケド…
やっぱりね…キャバクラのほうが楽しくて…

なんつったって“若い”ですから…ホステスが…

もうコレばっかりはしょうがないですよ…

それにね…キャバ嬢のが仕事上手いんだモン…


キャバ嬢 「いらっしゃいませぇ…オジサン!久しぶり、嬉しいな…今日来てくれてありがと!」
ピーナ… 「ホイ!ナンデ オミセ サシブリ!ドコ イッテタ! パロパロ!!!」


もう…オミセに入ったときからコレくらい違うモン…で、帰るときも…


キャバ嬢  「オジサン…ありがとう、楽しかった…またきてね…待ってるから…」
ピーナ…… 「ナンデ エンチョー シナイ!ナンデ カエル! ドコイクンダヨ! プータンイナ…」


もうね…上手いとか、下手って問題じゃないですモン…

勿論どこのオミセも同じじゃない!フィリピンジン ミナ オナジジャナイ!
…ってみんな言うけど…まぁ大体同じなワケで…w

まぁ…文句いいながらも、フィリピンパブで飲んでますけど…もう、馬鹿だから
しょうがないんです…はははw


フィリピンパブ | コメント:6 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。